本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-445-3232

〒596-0808 大阪府岸和田市三田町944-1

禁煙外来

禁煙外来ついて

方針イメージ

「タバコが健康に悪いのはわかっていても禁煙できない」、
その喫煙の実態はニコチン依存症と言われています。
当院では禁煙外来にて医師の指導、管理のもと禁煙治療薬を用いた治療を行なっています。

禁煙外来は予約制となっております。
禁煙を考えている方は、お気軽にご相談ください。

月曜日:午前9時〜午後12時、午後6時〜午後8時
電話:072-445-3232

禁煙治療の保険適用

下記の4条件をすべて満たして医師が必要と認めた場合、一定期間の禁煙治療に保険が使えます。

  1. ニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS)の結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断された人
  2. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
  3. 直ちに禁煙することを希望している
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文章により同意している方

※4つの条件を満たさなかった場合や過去1年以内に保険診療による禁煙治療を試みた方の禁煙治療は
自費診療となります。

TDS(Tobacco Dependence Screener)ニコチン依存症を判定するスクリーニングテスト

       設問内容 YES
1点
 NO
0点
 @ 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか。    
 A  禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。    
 B  禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくて
たまらなくなることがありましたか。
   
 C  禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ・神経質・落ち着かない・集中しにくい・ゆううつ・頭痛
眠気・胃のむかつき・脈が遅い・手のふるえ・食欲または体重増加)
   
 D  Cでうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。    
 E  重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。    
 F タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
 G  タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
 H  自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。    
 I  タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    

                                     合計       点
(注)禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することに
   よって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

禁煙治療のサポートサイト

 禁煙を考えている喫煙者の方へ、禁煙をサポートするためのサイト「すぐ禁煙.jp」をご覧ください。

医療法人 晋救館 和田病院お問い合わせ

医療法人 晋救館 和田病院
〒596-0808
大阪府岸和田市三田町944-1
TEL 072-445-3232
FAX 072-445-6172